憲法9条改定の賛否を問う全国街頭シール投票を行います


by kyujyot

朝日新聞5月4日金沢

法施行60年、市民団体が護憲求め集会
2007年05月04日
 ≡国民投票法案 弁護士、公園で批判≡

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法案の審議が国会で続く中で迎えた3日の憲法記念日。金沢市では、市民団体「九条の会・石川ネット」が施行60年の憲法堅持を訴える県民集会を開き、街頭でも通行人らに第9条の改正の賛否を問うシール投票を呼びかけた。

 =9条改正、賛否問うシール投票も=

 集会「輝け9条!許すな改憲!」は同市高岡町の市文化ホールで開かれ、岩淵正明弁護士、井上英夫金沢大教授、金森俊朗・元小学校教諭の3人が講演した。このうち、岩淵弁護士は国民投票法案について、「公務員の運動を制限するほか、最低投票率の問題にも触れず、さらに白票を無効票とカウントするなど、国民の意見を聴こうとしていないもので問題が多い」と批判。「9条が改悪されれば、核武装や先制攻撃などの可能性も出てくる。ただ、マスコミの世論調査では今、9条を守ろうという意見が多い。この状態が維持できるよう運動しなくてはならない」と話した。
 集会には約700人が参加し、終了後は護憲を訴えてデモ行進した。

 一方、シール投票は、「9条を守る」「変える」「分からない」と区分したスケッチブックにシールを張ってもらう方式で香林坊周辺で実施した。
 金沢観光に来た東京都杉並区のシステムエンジニア渡辺倫之さん(32)は「戦争が可能な国は恐ろしい。『美しい国』というなら、平和憲法を守ることこそがそれにつながると思う」と迷わず「守る」を選んだ。ともに金沢商高1年の和田森あいさん(15)と大谷綾佳さん(15)は、掲示された9条の条文をじっくり読んだのち、「守る」に投票。「戦争で人が死ぬのはいや。ただそれだけです」。
 これに対し、「変える」を選んだ富山市の大学1年の男性(18)は「テロが起こる可能性もあるし、各国が協力して防衛することは必要。そのために武力が使えた方がいい」との意見だった。
 シール投票の結果は、「守る」が108、「変える」15、「分からない」7だった。
[PR]
by kyujyot | 2007-01-09 14:32 | 新聞記事・写真 北陸